住宅の設計ならおまかせ下さい

協同組合福井県建築組合連合会住宅センター定款(抜粋)

第1章 総則

(目的)
第1条 本組合は、組合員の相互扶助の精神に基づき組合員のために必要な共同事業を行い、もって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図ることを目的とする。

(名称)
第2条 本組合は、協同組合福井県建築組合連合会住宅センターと称する。

(地区)
第3条 本組合の地区は、福井県の区域とする。

(事務所の所在地)
第4条 本組合は、主たる事務所を福井市に置く。

(公告の方法)
第5条 本組合の公告は、本組合の掲示場に掲示してする。

(規約)
第6条 この定款で定めるもののほか、必要な事項は、規約で定める。
2. 規約の規定、変更又は廃止は総代会の議決を経なければならない。
3. 前項の規定にかかわらず、規約及び変更のうち軽微な事項並びに関係法令の改正(各項の移動等当該法令に規定する内容の実質的な変更を伴わないものに限る。)に伴う規定の整理については、総代会の議決を要しないものとする。この場合、総代会の議決を要しない事項の範囲、変更の内容について、組合の掲示場に掲示する。

第2章 事業

(事業)
第7条 本組合は、第1条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)組合員の取り扱う建築資材の共同購入及びあっせん
(2)組合員のためにする共同宣伝
(3)組合員の受注促進のためにする住宅ローン資金のあっせん
(4)商工組合中央金庫、中小企業金融公庫、福井銀行、福邦銀行、信用金庫、北陸銀行に対する組合員の債務の保証、またはこれら金融機関の委任を受けてする組合員に対するその債権の取り立て
(5)組合員の事業に関する協定
(6)組合員の経済的地位の改善のためにする団体協約の締結
(7)組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供
(8)組合員の福利厚生に関する事業
(9)建築工事の設計、施工、監理
(10)前各号の事業に附帯する事業

第3章 組合員

(組合員の資格)
第8条 本組合の組合員たる資格を有する者は、次の各号の要件を備える小規模の業者とする。
(1)福井県内に事業所を有すること
(2)建築工事業者であること

(加入)
第9条 組合員たる資格を有する者は、本組合の承諾を得て組合に加入することができる。
2. 本組合は加入の申込みがあったときは、理事会においてその諾否を決する。

(加入者の出資払込み)
第10条 前条第1項の承諾を得た者は、遅滞なく、その引き受けようとする出資の全額の払込みをしなければならない。
ただし、持分の全部又は一部を承継することによる場合はこの限りでない。

▲ このページの先頭にもどる